2008-05-08

エスピナス攻略

 今更ながら、書きなぐりでエスピナス攻略!見辛いですが、後で書き直す、かもしれません。左右表記はすべて正面から向かってみた場合です。右足などは向かってではなく、エスピの右足。


バインドボイス
回避2でも回避無理。が、緊急回避で回避可能。 近くにいれば風圧で耳塞ぎがキャンセルされるので、近接なら耳栓もぶっちゃけいらない。スキル風圧大がある場合は咆える寸前に腹下に潜れば大概足に当たり軽傷で済む。亜種の場合、咆哮直後にメガフレアが来る事もあるので注意。

かみつき
尻尾と顔に攻撃判定有り。顔前に居る場合、左側か後ろ、腹下へ回避すれば無問題。怒ってない時の体全体の噛み付きは、攻撃判定は体全体だが、判定時間は一瞬、回避2で簡単回避。

回転尻尾
約180度回転。回避2無しでも余裕。しかし尻尾先端と根元は攻撃判定が長く残るので、場所によっては回避2でも無理。予備動作が無い為(慣れれば予測できるが)、無傷狩猟の一番の敵。 リーチの長い武器なら尻尾に攻撃するチャンス、回転中に切断出来ちゃったりすると自分に酔える。

突き上げ(翼振り回し)
wikiなどでは翼振り回しと言われているが、実は翼に攻撃判定は無い、角と尻尾のみに攻撃判定。前方にいる場合は、斜め前から切りかかり、タイミング良くV字に回避すれば、回避2が無くても避けられる。ちなみに、角の攻撃判定は左側には無く、右足元と前方のみ、さらに、正面横方向右に判定が広いが(左には狭いが尻尾に当たってしまう)、前方向には短い為、真正面から切りかかり、横に回避すると直撃を食らうが、斜めからV字に回避すればカッコよく避けられる。左側は一見、危険に見えるが、角と翼には判定が無く尻尾だけに気を付ければよい。実は回避性能2が無くても簡単に避けられたりする。慣れてくればチートと間違えられるほど簡単に避けられる。

デンプシー(連続翼振り回し)
これまたwikiなどでは翼振り回しと表記されていて、右、左、右と攻撃が来るが、その左の時しか翼に攻撃判定は無い。攻撃判定は、角、体、翼、尻尾、足の5箇所。足はこけるのみの極小ダメージ、しかしあまり内側に入りすぎると体判定になるので、左翼に当たる感じで行けば、いい感じでこけられる。尻尾に毒は無い。右の初撃の時は尻尾にしか攻撃判定が無いので、上手く右側にいれば、足に当たる必要なく避けられる。ただし、前方の角判定が卑怯なまでに広い為、前方にいる場合、回避は難しい、逃げるのではなく、足元へ潜りこむ様に回避すれば、大丈夫な時もある。
 近接へ向けて大きく向き修正した後に繰り出してくるので、ある程度は予測が可能。

正面ブレス
レイアレウス同様前方へ火球を吐く、回避2が無くても正面回避可能。

3連ブレス
V字に地面に着弾するブレスを吐く。着弾点中心へ向けて回避しない限り(外側へ回避すれば)、簡単に回避可能。足元、腹下付近、中距離の真正面にいれば当たらない。腹を大きく開けるので、腹へ攻撃するチャンス。

突進
角、足、尻尾に攻撃判定有り。近距離にいれば、突進始めは角に判定は無いので、真正面にいる場合、尻尾だけに気を付ければいい。が、サイズが小さいと足に当たる。リーチが長い大剣や太刀、狩猟笛であれば、斜め前から頭を狙うようにして、突進に合わせてV字に回避すれば、足にも尻尾にも当たらないが、キングサイズだと厳しい。尻尾の最先端には判定が無いので、走ってる最中も尻尾を切ったり出来る。突進中に尻尾が切れるとカナリ笑える。
 遠距離職で行く場合は、回転尻尾の当たらないギリギリの所に居る事を常に意識しよう。そこでないと、3連ブレス、回転尻尾の判定範囲から外れ、突進の判定範囲になり、突進を誘発してしまう。また、突進が来たら武器を収めて、また尻尾の範囲へ向かう事。じゃないと突進で一気に距離が離れ、突進→突進の連鎖になってしまう。属性弾は距離無視だからと行って、距離を空けると突進連鎖に嵌り易く、近接は泣ける。また、突進中は閃光が非常に当て辛い、基本当たらないと考えていい。
 突進終わりの振り向きに合わせて頭を狙う人が多い。もちろんそれも大有りだが、実は腹までいける余裕があるなら腹を狙う方が安全かつ高ダメージ。連続で突進が来た場合でも腹下なら当たらない、キングサイズなら回避すれば問題ない。また、頭、腹を通り過ぎて尻尾までいけば尻尾も切れる。
 腹に行く時間が無く、頭を狙う場合、突進を予測して早めに回避するのではなく、突進が出たのを確認して、つまりちょっと遅めに前転すると綺麗に避けられたりする、突進始めは頭に攻撃判定が無いので焦って回避する必要が無いのだ。

連続突進
基本ティガ同様。が、樹海は狭いので、壁に当たり、軌道がずれる事が多々あり。普通の突進と違い、軽い予備動作があるので予測可能。走ってる最中はまず閃光は当たらない、投げるだけ無駄。

0 件のコメント:

コメントを投稿