2009-10-12

Twitterのススメ

 数年前からジワジワと盛り上がってきている「ついったー」元い「Twitter」。一体何が魅力なのだろうか?

 まず始めにTwitter(以後ついったー)を知らない人に説明すると、ついったーとは「ブログ」と「チャット」と「RSS」を足して3で割ったような物と考えれば分かりやすいかもしれない。
 投稿は「つぶやき」と呼ばれ、ブログの様に複雑な表現が無く、チャットの様に強いつながりを持たない事により気楽で気軽に投稿できる。
 ボソッと出るつぶやきを適当に書き込む「ゆる〜く適当な」簡易ブログで、人のつぶやきも手軽に気軽に読むことができる。

 「ブログ」は非常に便利で手軽なツールである。かつて自分の事をWEBで表現するには個人ホームページ(以下HP)という手段しかなかったが、今ではブログが普及しHPは複雑で難しく企業の物というイメージが出来上がっている。簡単便利と言われるブログも今では「凝った」ブログが増え、HPのように複雑化が進み観覧者の事を無視するかのような広告だらけの物も非常に多く、HPが辿った道を進んでいる気がしてならない。

 「チャット」も簡単で分かりやすく、文章として残るという利点もあり、会議などでもよく使われるツールだ。電話のようにリアルタイムで会話する事が出来、話し合う事に向いているツールではあるが、あくまで「話し相手」がいないと成立しない道具である。
 話している間も常に相手に気を使わなければならない為、話が詰まった時に何を話せばいいだろうかと悩んだり、返事が返ってこない!感じの悪い奴!とか思われたらやだなぁなどなど仲の良い相手であれば問題ないが、WEB上だけの関係なら誤解を招く可能性が出てくる事から気楽とは言えないかもしれない。

 「RSS」は好きなブログやニュースをまとめて読める非常に便利なツールだ。…が、登録が少々面倒でまだ普及しているとは言えず、そもそもRSSって何って人が大多数な気がする。

 様々な便利ツールが開発され、もうこれ以上の「隙間」は無いかなーと思われていた中、つぶやきの様に「ボソッ」と登場したのが「ついったー」である。

 例えばMHF内の求人区で人が来ない時についったーで「剛チケ集めしてるけど人こねぇー」とかボソッと書き込んでみると、偶々記事を見た人が飛んで来てくれるかもしれないし、INしてないフレが来てくれるかもしれない。ブログで毎日一言コメなどを書いているのならついったーを使えば、見てくれる人にわざわざ個人のブログを定期的にチェックしてもらう必要もなくスムーズ。イベントシティを開催するときの告知として使うのも勿論アリだ。
 RSSのように登録に手間がかかる事も無く、ボタン一つで他人のつぶやきを読めてチャットの様に簡単にコメントが返せる。書き込む事はあくまで「つぶやき」なので、相手を求めていない。コメントする方される方も返事を書いても書かなくてもいい、気楽に「ゆる〜く」考えればいい。

 基本的にゆる〜いツールではあるが、複雑な機能もあり、使いこなしてみるとプライベートだけでなく、ビジネスにも活用出来るはず。勿論、基本的に複雑な機能は一切無しで使う物なので気楽に初めて興味があれば使い方を調べてみるのも良いだろう。

 うぃきはこちら
 http://usy.jp/twitter/

0 件のコメント:

コメントを投稿