2010-04-10

旋律【紫黄赤】の考察

旋律【紫黄赤】の考察
自己強化、攻撃【大】、防御【小】、火耐性強化【小】、龍耐性強化【大】

 やや殴り笛向けのイメージが強い旋律。基本の攻撃防御に耐性強化もメジャー所の火と龍なので、地味に便利。

・シンプルで使いやすい

 攻撃【大】から防御【小】、火耐性強化【小】が続けて演奏できるので旋律維持がとても楽。殴り→演奏ショートカットで防御旋律の維持も効果時間と音色数から、比較的長く殴りに専念できる。使用感としては旋律【紫青赤】の攻撃【大】とスタミナの維持に似ていて、笛はヤマツ旋律しか使ったことがない人でもすぐに使い慣れると思う。

・難しい耐性維持

 対飛竜種に火耐性強化、古龍種に龍耐性強化。しかしながら攻撃と防御と耐性と3つの効果維持するのは演奏にかなりの時間が必要になる。さらに、MHFの戦闘はヒットアンドアウェイが基本なので防御旋律もあくまで保険でしかなく、限られた状況で限られた攻撃にしか効果が無い耐性旋律は攻撃を犠牲にしてまで維持する必要性があるかどうかは人それぞれで意見が分かれると思う。
 防御【小】と火耐性強化【小】は続けて演奏出来て維持も楽だけど、それならば全ての攻撃に効果があるパイプ系旋律の防御【大】の方がいいような気もする。

・効果は抜群だ!

 耐性の吹き方が難しいものの、パイプ系の【紫緑赤】旋律と人気を2分するだけあって使い勝手は抜群。耐性も効果自体は素晴らしい物なので決して捨て旋律ではない。

 現状、攻撃トップクラスで攻撃【大】が演奏できるSPがこの旋律のネイチャーコンガと【紫緑赤】のネオバグパイプしかないので、効果維持が楽なコンガ系、効果が高いパイプ系か…やはり結局は好みだと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿